So-net無料ブログ作成
検索選択

<振興銀事件>「中小企業振興ネット」2社を捜索…警視庁(毎日新聞)

 日本振興銀行(東京千代田区)による検査妨害事件で、同行の木村剛前会長(48)=5月に辞任=が理事長を務め、同行の融資先企業などで構成する「中小企業振興ネットワーク」の会員企業2社が、警視庁捜査2課に銀行法違反(検査忌避)容疑で家宅捜索されていたことが同行関係者への取材で分かった。検査妨害のため削除された電子メールには、親密な会員企業との取引に関する内容が含まれていたことも判明した。捜査2課は、同行とネットワークの間に不透明な取引があったとみて捜査する。

 捜索を受けたのは、金融コンサルティング会社「中小企業業務機構」と不動産管理会社「中小企業管理機構」(いずれも千代田区)。

 同行関係者によるとネットワークは中小企業間の「互恵互栄」を掲げる任意団体で、木村前会長が主導して設立。同行の融資先など百数十社が加盟し、捜索を受けた2社など「中小企業○○機構」という名が付いた数十社が中核をなす。複数の会員企業では役員に同行幹部が就任している。

 会員企業の関係者は「ネットワークが不正融資の温床になっている」と指摘する。同行から会員企業への融資が焦げ付くのを防ぐため、別の会員企業を経由させて新たに資金を供給する「迂回(うかい)融資」の疑いがある取引が散見されるという。

 金融庁幹部は「中小企業支援をうたいながら、高金利で預金を集め、その資金が親密企業間の不透明な取引に充てられていることは問題」と指摘する。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース
日本振興銀:木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認
日本振興銀:木村氏から事情聴き実態解明へ
日本振興銀:「違法」業務で黒字化 貸出残高35倍に急増
日本振興銀行:検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁
日本振興銀行:警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ

事務所費で「キャミソール」の不思議  荒井大臣の説明二転三転(J-CASTニュース)
参院選 守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
九州新幹線イメージ一新 新型「さくら」公開(産経新聞)
菅内閣支持41%、不支持23%=参院選「民主に」大幅増―時事世論調査(時事通信)
あなたの1時間はいくら? 肉食系と草食系で違い(Business Media 誠)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。